ケース別に解説!格安simへの乗り換えにかかる初期費用はいくら?

格安simへの乗り換えにかかる初期費用
格安simに乗り換える際に気になるのが「初期費用」です。auやdocomo、Softbankの大手キャリアから格安simに乗り換える場合、いったいどれくらいのお金がかかるのでしょうか。

事務手数料や契約金等々で数万円以上かかるなら乗換はしたくないという考えの方も多いのではないかと思います。

そこで当記事では、大手キャリアから格安simに乗り換える場合、月額料金とは別に、初期費用としていったいどれくらいのお金が必要になるのかをお話しいたします。

乗換の検討材料としてお役立ていただければ幸いです。

いくら必要?格安simに乗り換える際にかかる初期費用の金額とは

格安simに乗り換える際にかかる初期費用は、今使っているスマートフォンをそのまま使用するのか、それとも新しいスマートフォンに買い替えるのかによって大きく変わってきます。

その他、電話番号の引継ぎをするか否かによっても金額が違ってきますので、注意が必要です。

ここではケース別に初期費用の大体の金額をお話しいたします。

ケース①:今使っているスマートフォンをそのまま使い、電話番号も引き継ぐ場合

大手キャリアで購入したスマートフォン本体を乗換先でも使用し、さらに電話番号の引継ぎも行う際に発生する初期費用は、大体6,000円程度です。

内訳は、格安sim会社への契約事務手数料3,000円前後と、MNP転出手数料3,000円前後、計6,000円となります。

MNP転出(及び転入)とは、今契約しているケータイ会社に電話番号引継ぎのための「予約番号」を発行してもらい、それを持って乗換先の格安simに入会して、今まで使っていた電話番号を引き続き使用できるようにすること。

この一連の手続きが完了すると、乗換前のケータイ会社の方で手数料が発生するのですが、その金額が大体3,000円くらいです。

格安simへの乗換で最も多いのはこのケース①だと思いますが、意外と初期費用は安いということがお分かりいただけたでしょう。

ただし、今お使いのスマートフォンの契約内容によっては、乗換・解約時に解約金(9,500円程度)が発生する可能性がありますので注意が必要です。また、機種によってはSIMロック解除手数料(3,000円~5,000円程度)が発生する可能性もあります。

解約金の発生の有無やSIMロック解除の要否については、各キャリアのサポートに問い合わせて確認を行いましょう。

ケース②:今使っているスマートフォンをそのまま使い、電話番号は引き継がない場合

初期費用を最も安く抑えられるのがこの方法です。格安simでは契約時に事務手数料(3,000円程度)が発生することがほとんどですが、スマホ本体を購入せず、また電話番号の引継ぎも行わない場合、本体の購入代金やMNP転出入手数料がかからないため、初期費用は3,000円程度となります。

ただし、先述した通り、現在お使いのスマートフォンの契約内容によっては、解約時に解約金が発生する可能性があります。SIMロック解除手数料についても同様です。

ケース③:乗換先でスマートフォン本体を購入する場合

乗換先でスマートフォンを新しく購入される場合には、当然初期費用も高額になってきます。たとえばUQモバイルの場合だと、

UQQモバイル
機種別 スマホ本体の価格
BASIO4 23,760円
Galaxy A20 11,880円
AQUOS sense3 23,760円
OPPO A5 2020 19,800円
Xperia 8 27,720円
iPhone 7 128GB 35,640円
iPhone 7 32GB 25,344円

大体2~3万円程度の購入費用が必要となります。これに加え、契約事務手数料、電話番号引継ぎを行う場合にはMNP転出手数料、各キャリア(au、docomo、Softbank等)の解約金、SIMロック解除手数料などがかかる可能性もあり、最大で6万円弱の出費となります。結構な金額ですよね。

ただし、これらのスマホ本体の代金は、分割で少しずつ払っていくことも可能です。

たとえばBASIO4の場合、月々660円ずつの36回払いを選択することもできます。最終的に支払う金額は23,760円から動きませんが、分割払いを選択すれば、「初期費用」は1万円未満になることがほとんどです。

分割払いを選択する際の注意点としては、解約を行う際にまだスマホ代金の支払いが終わっていなかった場合、残りの代金を一括で支払う必要があるということです。

たとえばUQモバイルに入会し、BASIO4を36回払いで購入、1年後に解約した場合には、残りの代金15,840円を一括で支払う必要があります。

分割払いにはこのようなデメリットがあることも一応把握しておいてくださいね。

まとめ

以上、格安simに乗り換える際の初期費用についてお話しいたしました。

最も出費を安く抑えられるのは、今使っているスマートフォンをそのまま使い、かつ電話番号の引継ぎを行わないことです。しかし、仕事などの関係上、電話番号の変更はなかなかできないという方も多いと思います。

電話番号の引継ぎを行う場合には、初期費用は6,000円程度、それに加え解約金やSIMロック解除手数料が発生するケースだと、初期費用は18,500円程度だと覚えておかれると良いでしょう。

格安simへの乗換を行う前に、解約金の額や発生のタイミング、SIMロック解除の要否などを必ず確認するようにしてください。